MLS コロラド・ラピッツ (Colorado Rapids)

【本拠地】インベスコフィールド (Invesco Field At Mile High)
【住所】1701 Bryant St. Denver, CO 80204>> 地図
【電話】(720) 258-3333
(303) 825-GOAL (Ticket Office)
【駐車】駐車場有り
【HP】http://www.coloradorapids.com/
【チケット情報】www.ticketmaster.com
【コメント】メジャーリーグサッカー (MLS) のレギュラーシーズンは4月から10月にかけて。チケットの値段は$15〜40程度。

大学の友達であるGと一緒に、生まれて初めてアメリカのMLS(Majorr League Soccer)の試合を観てきました。試合が行われたのはDenverにあるInvesco Fieldです。ここはNFLのDenver Broncosのホームスタジアムでもあります。今回の試合は、地元のColorado RapidsKansas City Wizardsとの対決。両者は現在カンファレンスで一位の座を争っている強豪同士です。

なぜ今回試合に行ったかと言うと、Gの幼なじみがWizardsで選手として活躍していることが判明したからなのです。その彼の名はBo Oshoniyi。Wizardsのゴールキーパーです。GとBoはNew York出身で、家が近所だったため小さい頃によくサッカーを一緒にして遊んでいたとか。というわけで、今回の僕たちのミッションは、試合を楽しむことだけではなく、Boに僕らの存在に気がついてもらうこと。そしてどさくさにまぎれてBoと何らかのコンタクトを取ることでした。

はたしてそのミッションは成功するのか…。期待と不安を胸にいだきながら、僕らは25ドルの切符買ってスタジアムの中へと入りました。

会場にはDenverのホームゲームということで、Rapidsのファンばかりがつめかけていました。しかしそんな中、Gだけは敵であるWizardsを応援し、Boのプレーをかたくなに見守っていました。きっと頭の中で小さい頃の思い出などがフラッシュバックしていたことでしょう。写真手前がGで、フィールドにボヤけて写っているのがGの幼なじみBoです。貴重な2ショットです。

試合の方は、Gの応援むなしく、完全なRapidsペースで進んで行きました。ほとんどの時間をRapidsがボールを支配し、Wizardsの方は単発なカウンター攻撃のみ。そして、終わってみたら3-1でRapidsの完勝。我らがBoは何度も決定的なピンチをナイスセービングでしのいだんですが、Wizardsのディフェンスラインが完全に崩されてしまい、失点を許してしまいました。残念無念。

きっとBoは落ち込んでるだろうな〜。

そう勝手に思った僕たちは、試合後に観客席の一番前まで行き、大声で「BOOOOOOOO!」と叫びました。すると…奇跡が起こったのです。

なななんと、フィールドにいるBoが僕らの存在に気がついてくれたのです!!観客が非常に少ないMLSの試合だからできる荒技!。BoはゆっくりとGの方によって来て、二人は久しぶりの再会にガッチリと握手。Boはさすがにゴールキーパーということもあって、非常に体がガッシリしていました。愛嬌のある優しい顔をした紳士な人で、「相手のシュートが良過ぎた、ノーチャンスだったよ」と少し残念そうに話をしてくれました。

幼なじみの再会って良いものですね。NYで育った二人が、それぞれ別の道を歩みながらDenverで再会したわけです。BoはMLSで頑張っていて、Gはコロラドで新しい人生をスタートさせたばかり。そんな二人の再会を見ていて、なぜか僕の方がジーンと来てしまいました。活躍するフィールドは違っても、お互い頑張ってもらいたいものです。

そんなわけで、僕は今日からはBoのいるKansas City Wizardsを応援することに決めました。ええ、単純な理由です。でもBoには悪いんですが、地元のColorado Rapidsもちゃっかり応援しようと思っています。Rapidsのするサッカーは攻撃的で面白かったんです。そんなわけで今年はMLSから目がはなせません。例え全然人気がないとしても、僕は応援し続けます。しっかし、首位攻防戦だったにもかかわらず、会場はガラガラだったな〜。だ…大丈夫なのかMLS。なんとか人気を盛り返していって欲しい!

余談ですが、この試合の帰りは最悪でした。なんとGの車のマフラーが故障したのです。Gの車もかなりの年季が入ってます。そのため、マフラーがさびついていて、途中で折れてしまい、一部が地面に落下してしまったのです。最初はマフラーを道路にひきずりながら、ゆっくり運転して帰ろうとしたのですが、摩擦音があまりにうるさいので、結局車の下にもぐって修理することにしました。修理といっても、ひもでマフラーの落下した部分を車の下にくくりつけるという荒療治。Gが二回トライしたんですがすぐに落下してしまい、3回目には僕が車の下にもぐってトライ。泥まみれになりながらも、なんとか応急処置をすることができて無事にDenverからBoulderまで帰ってくることができました。よかったよかった。もう車のトラブルはこりごりだ〜!!

関連カテゴリー : スポーツ観戦
私の体験談
みなさんの体験談を投稿してください。

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブサイトの管理人の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?