コロラド州での確定申告について

アメリカでは個人で確定申告を行う事が義務づけられています。申告の締め切りは毎年4月15日で、それまでに必要な書類を揃えて、IRSなどに郵送しなければなりません。申告にあたって、自分のアメリカでの税法上のステータスを確認して(ResidentかNonResidentか)、ビザのステータスなども考慮にいれつつ申告用のフォームを決定しなければなりません。

以下にアメリカの確定申告に役に立ちそうなウェブサイトへのリンク、そして私が2005年春に行った2004年分の確定申告の体験談を掲載しました。

▼英語のサイト

Internal Revenue service (IRS)
確定申告に必要な書類を取り扱っている組織。申請に必要なフォームなどはここからダウンロードできます。

Colorado Department of Revenue
コロラド州の税金、確定申告などの手続きに必要な書類がダウンロードできます。

CINTAX
留学生の確定申告をサポートしてくれるオンラインのサービス。CUのISSSはパスワードを持っているので、CUの留学生は無料で利用が可能(2005年4月現在)。詳細はISSSに問い合わせてみてください。


▼日本語のサイト

アメリカの税金と確定申告の基本
アメリカの税金と確定申告についての基本情報について日本語で書かれています。

米国の確定申告について
米国公認会計士の若菜さんのメインページ。税金について日本語で非常にわかりやすく説明されています。

■以下は確定申告(2004年度分)の経験談です。

確定申告シーズン到来!ということで、僕も本日(2005年4月11日)、必要書類に記入して、ポストに投函してきました。締め切りは4月15日ということだったので、微妙にギリギリでしたね。いや〜いつものことなんですが、もう少し早くやりたいものです。

今回、コロラド州に引っ越してから初めての確定申告だったのですが、僕は2つのフォームに記入して、2つの場所にそれぞれの書類を送りました。記入の際には、それぞれについてくる説明書を参照しながら一つずつ空欄を埋めて行きました。

1. 1040EZ
IRSに送るための書類です。僕は学生ビザで5年以上アメリカに滞在しているので、このフォームに記入することになりました。どの書類に記入するかは、アメリカに何年いるかだとか、ビザのステータスだとかで、どのフォームに記入するかが変わってくるらしいです。僕はキャンパス内の税金の専門家の方にアドバイスをいただいて、このフォームに記入しなければならないということが判明しました。1040EZのフォームと説明書IRSのウェブサイトから直接ダウンロードして、プリントアウトしました。

2.FORM 104
これはコロラド州に送るための書類でした。僕はこのフォームを大学の図書館のTAXコーナーで入手しましたが、Colorado Department of Revenueのウェブサイトからも直接Form104がダウンロードできるようです。

以上、二つのフォームにいろいろな数字を記入したのですが、記入の際に必要だったのは

1.W-2 Form
2.Social Security Number
3.銀行のAccount NumberとRouiting Number

といったところでしょうか。W-2はそれぞれの書類にホッチキスで止めて、一緒に郵送しました。

これで上手くいけば、僕のお給料から余分に取られた税金がしばらくしたら返ってくるということらしいのですが、書き漏らしとかないだろうか…、微妙に心配です。本当に数字には弱いので…。


みなさんの確定申告体験談などの投稿もお待ちしています。記事下にある「おすすめコメント」を利用して、ぜひ投稿してください。

関連カテゴリー : みんなの体験談
私の体験談
みなさんの体験談を投稿してください。

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブサイトの管理人の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?