First-Second Flatiron Trail

【エリア】The Flatirons周辺
【長さ】1.1マイル(約1.8km)
【レベル】中級
【標高差】960フィート(約300m)
【所要時間】往復2〜3時間程度
【HP】Chautauqua Trailhead
【コメント】The Flatironsの頂上付近まで行けるトレイル。初心者でも比較的簡単に登ることができるが、途中水飲み場やトイレがないので注意。

ボルダーのシンボルであるThe Flatironsの頂上にこの足でぜひ登ってみたい! ボルダーに初めて来た当初からそう思っていたのですが、先日ついに実現することができました。

The Flatironsの頂上付近まで登るためには1st/2nd Flatiron Climbing Accessというトレイルを使います。写真は途中にあった地図を写真におさめたものです。The Flatironsには岩肌が三角形の形をしてむき出しになった場所があり、それぞれ右から1st、2nd、3rd Flatironと呼ばれています。このトレイルは1stと2ndの間を通っており、頂上付近まで登ることができます。

今回の出発地点であるChautauqua Parkです(写真を拡大するとゴール地点がわかるようになっています)。ここからChautauqua TrailをThe Flatironsの方に向かって歩き始めます。夏場で日中は日差しが強かったため、午後4時ごろからトレイルを登り始めることにしました。トレイルの途中にはトイレや水飲み場もないため、水の入ったペットボトルを一応持って行きました。靴は普段履き慣れているランニングシューズを履いて行きました。

Chautauqua Trailを15分ほど進み山の麓に近づくと、頂上へとつながる1st&2nd Flatirons Climbing Accessという標識が見えてきます。いよいよ本番です。ここからはトレイルの道が細く、ワイルドなものになります。Chautauqua Trailはかなり整備されたトレイルでサンダルなどでも歩けそうですが、1st$2nd Flatirons Climbing Accessとなるとさすがにサンダルでは厳しいものがあります。途中かなり急勾配な場所もあり、道なき道のような箇所もあるので、できればトレイル用のシューズなどを履いていきたいところです。

そして、ここから頂上までは健脚で約30分から45分といったところです(写真は一緒に登ったY君)。途中、坂道が急でくたびれる場所もありますが、非常に起伏に富んだ景色が楽しめるトレイルなので飽きることなく一気に頂上まで登りきることができました。途中に生い茂る木がパーっと晴れる眺めの良いビュースポットが何カ所かあるので、立ち止まって雄大な景色を楽しむこともできます。遠くの方にデンバーのダウンタウンまでもが見えてしまう場所もあり、その眺めの良さに驚かされました。

頂上まで登りきるとボルダー市内が一望できます。鳥も下の方を飛んでおり、空の上から街を見下ろすような感じで、自分たちのいる場所の高さが実感できます。

ちなみに写真の真ん中の建物が集中している場所がボルダー市内のダウンタウン、Pearl Street周辺です。右側のオレンジ色の屋根が集まっている場所がコロラド大学になります。頂上といっても日本のように整備された場所ではなく、ゴツゴツとした岩場に囲まれた自然のままの場所です。より眺めの良い場所を確保するため、さらに岩場をよじ登ることも出来ますが、一歩間違うと崖の下に落ちてしまいそうな危ない場所もあるので、調子に乗り過ぎてケガをしないようにしたいところです。

しかし頂上は本当に気持ちの良い場所でした。トレイルも途中きつい登りもありますが、距離が短いのでトレイル初心者の僕にも問題なく登りきることができますし、たとえ疲れたとしても頂上からの大パノラマを見れば疲れも吹き飛びます。景色を楽しみながらゆっくり歩いて往復約3時間程度。みなさんもぜひ一度ボルダーのシンボルであるThe Flatironsの登頂にチャレンジされてみてはいかがでしょうか。

関連カテゴリー : トレイル
私の体験談
みなさんの体験談を投稿してください。

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブサイトの管理人の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?