ボルダーの概要

ボルダー基本データ

ボルダー市の街の面積や人口などの情報です。

面積 27.8 sq. miles
標高 5,430 フィート (1629メートル)
設立 1858年
気候

春(17/2℃)
夏(28/13℃)
秋(22/7℃)
冬(7/-5℃)

姉妹都市

山形市 (日本), Dushanbe (Tajikistan), Jalapa (Nicaragua), Lhasa (Tibet), Mante (Mexico)

人口 103,216人 (2002年)
芸術/文化 30以上のアートギャラリー、4つの美術館、32の映画館やシアターなど
ダイニング 300以上のレストランがあるといわれている。
レクリエーション 近年、Outside Magazineで「#1 Sports Town in America」に選ばれる。200マイル(322キロメートル)におよぶ公共トレイルがあり、マラソンやサイクリングなどの聖地として知られている。

データ参照:Boulder Chamber of Commerce

関連カテゴリー : ボルダーの概要 | 私の体験談 [0]

ボルダーの気候

ボルダーはロッキーの麓にある街ということもあり、一日の中でもお天気が分刻みで変わることもよくあります。また、雪がドカンと降ったかと思えば、次の日には半袖で良い程気温が上がるということもよくあります。季節は春と秋の期間が短く夏と冬の期間が長いことが特徴です。(左のグラフはクリックすると大きくなります)

» 続きを読む

ボルダーの人種構成

ボルダーに住む大部分は白人系の人々です。しかしコロラド大学をはじめ、ハイテク関連企業などには世界各国から様々な人種の人々が集まっており、国際色は豊かな街ともいうことができます。また観光シーズンには多くの観光客がPearl Streetなどに溢れ、夏にはオリンピック選手などのキャンプが行われ、世界有数のアスリート達がトレーニングを行います。

  ボルダー郡 ボルダー市
白人系 84.8% 86%
ヒスパニック系 10.5% 8.2%
アジア系 3.2% 4.1%
黒人系 0.9% 1.2%
その他 0.6% 0.3%

データ参照:Boulder Chamber of Commerce

関連カテゴリー : ボルダーの概要 | 私の体験談 [0]

ボルダーの経済/産業

ボルダーの経済を支えているのはコロラド大学(University of Colorado )を始めとする教育機関、IBMSun Microsystems などのハイテク関連企業、そしてNOAAなどのリサーチ関連機関です。また、ここにはCelestial Seasonings tea companyという全米で最大のハーブティー工場があることでも知られています。

雇用主 雇用者数
University of Colorado 7,500人
IBM 4,800人
Boulder Valley School District 4,200人
Sun Microsystems 3,200人
StorageTek 2,735人

データ参照:Boulder Chamber of Commerce

関連カテゴリー : ボルダーの概要 | 私の体験談 [0]

ボルダーのアパートの相場

ボルダーにはコロラド大学の学生が多く住むこともあり、様々なタイプのアパートを借りることができます。しかし家賃はアメリカ内陸部の中規模都市としてはかなり高く設定されています。全米有数のアウトドアのメッカであり、ハイテク企業も多く集まっていることなど、様々な要因が家賃の高騰につながっているようです。学生の場合はルームメートを持ち、アパートを複数でシェアすることで、お金を節約することができます。

アパート 月平均家賃(Utilities含まず)
スタジオタイプ $580
1ベットルーム $685
2ベットルーム $955
3ベットルーム $1,190
4ベットルーム $1,200
5ベットルーム $1,850

データ参照:CU Off-Campus Student Service

関連カテゴリー : ボルダーの概要 | 私の体験談 [0]

ベスト・オブ・ボルダー

ボルダーはその住環境の良さ、自然の豊かさなどから、雑誌や新聞などが企画する様々なランキングで上位になるケースが多くあります。今回の記事では、ボルダーがトップにランクされているランキングと、それに関連する雑誌記事などを集めてみました。

» 続きを読む