f.引越し手続き

渡航時に持って行くもの

渡米後すぐに必要になるものは、手荷物として自分が渡航する際に一緒に持って行きます。空港でチェックインを行う際に、手荷物で機内に持ち込む荷物と、チェックインして預ける荷物とに分類します。持ち込める荷物には大きさや重量の制限があるので注意が必要です。制限をオーバーしたものを持ち込もうとすると超過料金を請求されます。飛行機の機内持ち込める荷物の制限については、各航空会社のウェブサイトを参照してください。

▼JAL国際線
お手荷物について

▼ユナイテッド航空
荷物について

関連カテゴリー : f.引越し手続き | 私の体験談 [0]

郵便局を利用する

郵便局を利用して小包をアメリカに配達してもらうことができます。配達にかかる時間や料金などでいくつかの選択肢があるので、自分の都合に合わせて選びましょう。

■航空便

航空機で荷物を輸送してくれます。
配達までの目安:3〜6日
料金:36,650円(30kgの料金/2005年12月現在)

■エコノミー航空(SAL)便

日本国内の輸送は船便で、日本からアメリカまでは航空機で輸送してくれます。
配達までの目安:6〜13日程度
料金:26,650円(30kgの料金/2005年12月現在)

■船便

船で荷物を輸送。最も時間はかかりますが、料金が安いです。
配達までの目安:1〜2ヶ月
料金:13,750円(30kgの料金/2005年12月現在)

詳しい情報は日本郵政公社のウェブサイトを参照してください。


▼日本郵政公社
国際郵便案内 - ご利用の流れ 物品を送る

関連カテゴリー : f.引越し手続き | 私の体験談 [0]

海外引越しサービスを利用

日本の様々な引越し業者には、海外引越しサービスがあります。これらのサービスを利用すると、海外への引越しをトータルで面倒をみてくれるので安心です。引越しのための打ち合わせや、荷造りのサポートの他、荷物を自宅まで引き取りに来てくれます。様々な業者がこういったサービスを行っているので、利用する場合は各業者に見積もりを出してもらい、料金や条件を比較しながら検討しましょう。


▼クロネコヤマト引越しセンター
引越しらくらく海外パック

▼日本通運
海外引越しガイド

▼All About.comの引越しについての情報
海外の引越し/トランクルーム

関連カテゴリー : f.引越し手続き | 私の体験談 [0]