g.医療保険の準備

アメリカで病気にかかったり、怪我をした時に備えて医療保険に加入が必要になります。アメリカでは医療費が非常に高くなります。少しでもその医療費を抑えるために保険への加入は重要です。医療保険の種類としては、日本で海外旅行保険に加入する、日本の国民健康保険に加入する、留学先の医療保険に加入する、仕事先の医療保険に加入するなどのオプションがあります。それぞれの中から自分に最も合った保険に加入しましょう。

海外旅行保険

この保険は、病気や怪我の際の治療費や入院費のカバーや、自分の荷物などが盗難にあった際の補償、交通事故にあった場合の補償まで幅広くカバーしてくれます。様々な海外生活でのトラブル対応してくれるこの保険は、カバーの範囲によって様々なプランが用意されています。保険会社のAIUなどが提供しているサービスが有名です。会社によって、留学生用の「海外留学保険」や駐在員用の「海外駐在保険」などのプランが用意されています。加入は日本でしかできないため、渡米前に契約を済ませておく必要があります。契約期間も数ヶ月から数年まで様々なので、各サービス会社に問い合わせてみましょう。

関連カテゴリー : g.医療保険の準備 | 私の体験談 [0]

クレジットカードに付いている保険

また日本のクレジットカードにも海外旅行保険サービスが自動的に付帯されている場合があります。例えば日本の大手カード会社NICOSでは「海外旅行傷害保険サービス」があります。このサービスを利用すれば、海外旅行中での病気やケガ、所持品が盗難にあった際など補償の申請ができます。しかしこういったカード会社による保険は主に短期滞在者のためのものなので、長期滞在する場合は他の保険への加入が必要になります。

関連カテゴリー : g.医療保険の準備 | 私の体験談 [0]

日本の国民健康保険

海外生活を続けていても、日本の国民年金保険の掛け金を払い続けていれば、治療費の一部がカバーされます。これは「海外療養費支給制度」といわれるもので、アメリカで病気やケガで治療を受けた際に支払った医療費を請求することができます。

請求するためには、まず現地で治療費を全額支払った後、治療の内容を証明する書類などを日本で提出します。その他必要書類の提出が無事に終わったれば、しばらくしてから治療費の一部が戻ってくるという仕組みです。
詳しくは国民健康保険のウェブサイトを参照してください。

関連カテゴリー : g.医療保険の準備 | 私の体験談 [0]

留学先の学校が提供する保険

留学先の教育機関が留学生のために医療保険を提供している場合があります。例えばコロラド大学では「Golden Buffalo Student Health Insurance」という健康保険制度があります。これに加入していればコロラド大学内の病院であるWardenburg Health Centerの診察が一回につき10ドルで受けられます。他にも目の検査やHIV検査などが無料で受ける事ができます。

関連カテゴリー : g.医療保険の準備 | 私の体験談 [0]

仕事先の会社が提供する保険

就労先の会社が従業員のための医療保険を提供している場合があります。会社によって保険の内容が違うので、歯の治療が含まれているのか、扶養家族の保険は含まれているのかなどを確認して、足りない部分は一般の医療保険で補う必要があります。

関連カテゴリー : g.医療保険の準備 | 私の体験談 [0]